上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.12.01 ただただ残念
ついに日馬富士が相撲界から去ることになりました。

私が最も望まない結果になりました。
たとえ1年、2年間出場停止になってでも、みそぎを済ませて土俵に戻ってくる事はできないものなのか?
そう願っていたのですが・・・

それはなぜか?
ユーチューブに日馬富士がぶつかりげいこで若手を鍛えている動画が上がっていますが、
画面越しに若い力士に”強くなってもらいたい”という純粋な気持ちが伝わってきます。

ぶつかりで若手に胸を出す場合、鍛えてあげるのと同時に、本場所で対戦した時に
「この人には勝てそうもない・・・」という恐怖心を植え付ける目的もあるのだとか・・・

しかし日馬富士のぶつかりげいこからはそういう邪な感じは無く、
ただ純粋に相手を強くする為に厳しい稽古をつけている・・・そんな感じが伝わってくるのです。
きっとこの人は親方になったら素晴らしい指導者に成るだろう・・・
素晴らしい力士を育てる親方になるだろう。
そう期待していました。

安馬と名乗っていた若手時代は朝青龍に似た粗暴な相撲を取ることもありましたが、
横綱になってからは、勝負が決まってから危険なダメ押しを繰り出す白鵬とは違い、
勝負がついたのがわかると相手を土俵下に落ちないよう支えてあげるような紳士的な横綱でした。

また非常に権威のある銀座の日動画廊でプロの画家以外ではきわめて異例という個展を
開催するという一流画家としての顔も持っていました。
bed69a534e63cf5ee1c2117481b27a05.jpg

しかし残念ながら今回の一件では鳴りを潜めていた粗暴な一面が出てしまったのでしょうか。
もう二度と相撲人としての日馬富士を見ることはかなわなくなりました。
罪は罪としてしっかり償ったうえで再度土俵上がる道をつけられなかったのか?・・・
しかし横綱というのはその名を汚すことが許されない特別な地位。そして進退は自身で決めなければならない・・・
ただただ残念な思いで一杯です。


スポンサーサイト
2017.11.17 日馬冨士事件
連日世間を騒がせている横綱日馬冨士の貴ノ岩に対する暴行事件。
色々な情報が錯綜して、もう何が真実なのか全くわからず、混迷の度を増しています。

ビール瓶で殴った後2、30発殴った、いやビール瓶で殴ってないしすぐに白鵬が引き離した。
横綱がアイスピックまで握っていた!いやそれは貴ノ岩のほうだ。
暴行に至った経緯にしても、
「(貴)これからは若い者の時代ですね。ははは」→「(日)お前態度悪いぞ!」→
(貴ノ岩の携帯が鳴り、触ろうとする)→「話の途中に何事だ!」→暴行
という話もあれば
説教中に貴ノ岩の携帯が鳴り、触ろうとする→「話の途中に何事だ!」→
「もうあんたたちの時代じゃないんだ!(貴)」→「ブチッ!!(日)」
という話もある。

相撲協会に提出された診断書も不可解な点がある。
「脳震盪、頭蓋底骨折、髄液漏の疑いで全治2週間」
ちょっとまて!それほどのケガなら到底2週間では済まないだろう?
しかも事件翌日以降も貴ノ岩は稽古を続けていたそうだ。
本当のところ、貴ノ岩のケガの程度はどうなんだ?

真実は一つのはずなのになぜこんなに情報が錯綜するのか?

とにかく2人の力士生命がかかっている。
負傷した貴ノ岩は一刻も早い病状の回復と土俵への復帰を祈るのみである。
そして日馬富士は結果いかんによっては廃業に追い込まれかねない。
だからここにきて白鵬の擁護発言がでてきたのだろう。
とにかく慎重な事実解明が望まれる。

すもー


世界ミドル級・・・ああ、なんという素晴らしい響きだ。 
体重階級制のボクシングの中でヘビー級とならび権威があり尊敬を集めるミドル級王者。

村田諒太選手が世界ミドル級のチャンピオンベルトを日本にもたらしました。

試合は村田選手が間違いなく優位に進めていましたが、5か月前の不可解な判定負けのこともあって、
今回も採点がどうなっているか不安でしたが、ついに相手を棄権に追い込みました。

ロンドンオリンピック金メダリストにしてミドル級新王者。
じつは5か月前、このブログにも書きましたが
http://interiorzakkicho.blog.fc2.com/blog-entry-185.html
この勝利によって日本に空前のボクシングブームがもたらされることが期待されます。

22年前、竹原慎二選手が日本人初の世界ミドル級王者になった時、
大激闘のダメージで初防衛戦を果たすだけの余力が残っていませんでした。

しかし、今回の村田選手はダメージも全くなさそうで、
今後は本場アメリカで世界のビッグネーム達とのドリームマッチも大いに期待できます。
2017.08.16 残念
昨日行われたWBCバンタム級タイトルマッチ。
王者山中慎介があの具志堅用高氏にならぶ13度目の防衛なるか?という試合で
非常に注目を集めた一戦でしたが、結果は残念ながら4RTKO負け。

「神の左」の異名をとる左ストレートを武器に豪快なKO防衛を重ねてきましたが、
最近の防衛戦ではダウンしたり、やや無防備に連打を浴びるシーンも目立っていて、
期待と不安が入り混じった今回の防衛戦でしたが、初期の防衛戦の頃ならさばけていたパンチが
さばけなくなってディフェンス面で衰えていたかな?という印象です。

今回の相手、ルイス・ネリという選手も今回の試合が決まった時からなんかいや~な予感のする相手だな・・・
と思ってました。
過去に日本人王者が世界タイトルを取られたメキシコ選手たちとオーラが似てるんですよね。
かなり昔の話ですが柴田国明にKO勝ちして世界フェザー級のタイトルを持ち去ったクレメンテ・サンチェスという選手が
ヒゲむくじゃらのツラで、なんかネリと同じ匂いがするなあ・・・と思っていました。

残念ながら悪い予感が的中してしまいました。

ただこ何の根拠もない予感ですが、私はこのルイス・ネリ選手、意外と短命王者になるのでは?と思います。
王者になったとたん慢心して怠けるタイプではないかと思うのです。

前述のサンチェス選手も柴田戦の豪快な勝ちっぷりから長期政権が予想されましたが、すっかり慢心してしまい
初防衛戦ではなんと13度もダウンを奪われKO負けしたそうな。






2017.05.20 無念・・・
ボクシングで不可解な判定というのは、これまでも枚挙にいとまがないくらい起きています。
おかしな判定で日本人選手が救われたことも、何度もあります。

でも、まさかこの日本中が注目した世紀の一戦で、あり得ないジャッジが下されるとは・・・・

おそらく、提訴すればダイレクトリターンマッチが認められるでしょう。

村田選手の価値は一切下がっていない!次だ!

*** 追記 ***

翌日、このような記事が載っていました。
長谷川穂積の拳心論

その文中に
”極端に言えば、距離をとりながらシャドーをしていても勝つことがあるということだ。これは他3団体とは違う。
これがWBAだと考えるしかない。”

とあります。
要するに相手のパンチが当たらない距離を保ちながらシャドーボクシング(相手がいない状態で空中に向かってパンチを繰り出す練習)をすればポイントになるということです。

昨日の判定はほんまにそれ。でもこんなんあかんやろ。
ボクシングブーム再来どころか、日本中の多くの人に不信感と競技としての欠陥を見せつける結果になってしまった。

とはいえ今夜も世界戦中継があります。
疑問の余地のないスカッとした試合を期待します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。