上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
防火・救急の啓発を行う市民参加型のイベント「三田市消防フェア」が9月8日(日)郷の音ホール駐車場で開催されました。

消防フェアは「ポンプ操法大会」、「救急フェア」、各種イベントを同時開催する市民参加型の複合イベントです。

私は三田市消防団に所属しておりまして、今年は「ポンプ操法大会」に選手として出場しました。

「ポンプ操法」とは火事における消火活動
 ・防火水槽とポンプを繋いで水を確保する。
 ・ホースを火元近くまで展張する。
 ・団員同士で伝令する。
 ・放水して消火する。
などといった基本動作を競技化したもので4人1組で行います。「火点」と呼ばれる的を落とすまでのタイムと、4人の選手の所作の正確さ及びチーム全体の印象点を点数化して競われます。

日本全国津々浦々の消防団で盛んに行われており、「市大会」「県大会」「全国大会」まで開催されています。
実際の模範演技はこんな感じです。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


で、三田市消防団は7つの分団で構成されていて、それぞれ代表チームを作るので7チームで優勝を競い3位までが表彰されます。
ちなみに私は「第2分団」チームの「指揮者」として出場しました。

結果は、見事に優勝
いや~、暑い夏場の3か月の練習が報われてよかった・・・
写真 2013-09-08 14 41 07
(前列左下が私です)

その他消防フェアはこんな感じです。
22.jpg  29.jpg
9.jpg
こども達がアトラクションで楽しく遊んでる前で選手たちは異様な緊張感につつまれて演技しているのです・・・

写真 2013-09-08 15 23 12
郷の音ホールの屋上から「患者」を壁伝いに降りながら搬送するレスキュー隊。
いや~、やっぱり本職の隊員はすごいわ・・・




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。